プロジェクターとパソコンの接続をチェック

プロジェクターの接続方法を理解しよう 知っておきたい豆知識

最近のプロジェクターには、さまざまな接続規格が用意されていますが、とりあえず昔ながらの「VGA」で接続している人も多いのではないでしょうか。今回はプロジェクターの性能をより引き出すために、代表的な接続法について解説していきます。

パソコンとプロジェクターを接続する規格

パソコンとプロジェクターを接続するとき、どのケーブルを選択すればいいのか、迷ってしまう人もいるでしょう。ひと昔前は、VGAケーブルの「一択」である場合が多かったのですが、最近のプロジェクターの背面や側面を見ると、さまざまなケーブルを接続する端子がずらりと並んでいます。

基本となる接続法は、旧来からあるVGAのほか、HDMI、USB、あるいはケーブルを使わない無線LANが一般的でしょう。割合としてはVGAかHDMIで繋ぐ人が多いと思いますが、両者のもっとも大きな違いは「VGA=アナログ」「HDMI=デジタル」という点です。

画質においては、やはりデジタルのHDMIに優位性があります。また、最近のノートパソコンは省スペース化のため、そもそもVGA端子がない場合もあります。ただ、VGAとHDMIを相互に変換するケーブルがあるように、画質や利便性にこだわらなければ、パソコンとプロジェクターの接続端子が合致しなくても、接続自体は可能な場合が大半です。アップル社製のノートパソコンに搭載されているThunderboltのような特殊な規格も、対応する変換ケーブルがあれば問題なく接続できるでしょう。

HDMI端子とUSB給電を使った便利な接続

古いプロジェクターにはVGA端子しか搭載されていないような機種も少なくありませんが、HDMIケーブルやUSBケーブルを接続できる端子があれば利便性が大きく増します。

たとえばVGAケーブルでパソコンとプロジェクターを繋ぐ場合、画像や動画についてはパソコンから出力できますが、音声については別途ケーブルが必要です。その点、HDMI端子やUSB端子なら、画像や動画と一緒に音声の出力もカバーできるため、プロジェクターのスピーカー機能をスマートに活かすことができます。

とりわけHDMI端子は、USB接続で必要になることが多いドライバのインストールが不要で、さらにマイクロHDMIコネクターなどを活用すればタブレットやスマートフォンからの出力も可能になります。

HDMI端子とUSB給電を兼ねそろえたプロジェクターの場合、HDMI端子にスティック端末などを接続し、USBで電源を供給することで、非常にコンパクトな機材でプレゼンを行えます。USB給電はレーザーポインターなどプレゼンの補助アイテムを充電するときにも使えるため、意外と「あってよかった!」と実感することの多い機能です。

このように、端子の選択肢が多い機種は、それだけ利便性や活用の幅が広がります。少なくともHDMIの搭載は必須な時代に突入しており、まだVGA端子しか搭載されていない機種を使っている場合は、そろそろ買い替えのタイミングであるといえるでしょう。

プロジェクターを複数のパソコンと接続する

プロジェクターとパソコンを接続するときは、必ずしも「プロジェクター1台につき、パソコン1台」という組み合わせにすることはありません。たとえば何台ものパソコンを同時に接続できる「ネットワーク機能」が搭載されたプロジェクターもあり、複数のチームで順番にプレゼンをするような場合は、ケーブルをいちいち繋ぎ直す手間がなく便利です。

さらに、スクリーンを分割して複数のパソコンの資料を同時投映できる機種なら、プレゼンの幅が大きく広がります。たとえば、カシオ計算機のパソコン用ネットワーク投映アプリ「Network Connection」に対応した機種の場合、同時投映は最大4台、同時接続は最大8台まで可能になるうえ、無線通信で面倒なケーブルの管理も必要ありません。複数のパソコンから同時に投映することで、スライドと動画の切り替えがスムーズになったり、凝った演出が可能になったりと、ひと味違うプレゼンを実現できます。

このほか、カシオ計算機のスマートデバイス用アプリ「C-Assist」を使えば、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット内の資料をケーブルレスで投映できるようになります。プレゼンの流れで、スマートフォンに保存していた写真を見せたくなったときなどに活躍してくれるアプリです。