導入・設置時に役立つ機能

長寿命光源&TCO削減[全機種対応]

レーザー&LED光源を採用し、光源寿命約20,000時間を達成。ロングライフ化によりランプ交換の手間やコストを減らし、高圧水銀ランプモデルに比べ大幅なTCO※1削減を実現します。また、防塵設計採用モデル※2は、フィルター交換のコスト削減にも貢献します。

  • ※1 TCO(Total Cost of Ownership):導入、維持、管理などにかかる総費用。
  • ※2 対応機種:ハイグレード/超短焦点/アドバンスド/エントリーモデル。

防塵設計

光学エンジン部への埃の侵入を抑え、投映輝度の低下を軽減。フィルター交換などの手間を減らし、埃が気になる場所や、メンナンスの手間がかかる天吊りなどの固定設置に役立ちます。

防塵設計

ズームレンズ

設置範囲の広い光学ズームレンズを搭載。スクリーンからの距離が近くても遠くても、常に最適な画面サイズで投映可能。

  • 倍率はモデルによって異なります。
ズームレンズ

天吊り投映対応[全機種対応]

会議室や教室、展示室などで天井に固定して使用したい場合は、天吊り設置も可能。

  • 天吊りの場合は、画像を上下回転して投映します。

リア投映対応[全機種対応]

画像を左右反転し、スクリーンのリア(背面)から投映することが可能。スクリーン前を横切っても影になりません。


360°自由設置

上下方向360°※1左右方向360°※2どの角度でも設置可能。設置角度の制限なく投映でき、垂直設置による天井や床への投映、縦置きによるポートレート投映に対応。設置場所や投映内容にあわせて、様々な投映スタイルを実現します。

  • ※1 スリムモデルは±30°
  • ※2 XJ-V1は±30°
上下の傾き
左右の傾き

縦台形補正

本体を上下に傾けることで発生する台形の歪みを、上下30°の範囲で調整可能。ハイグレード/アドバンスド/スリム/エントリー(XJ-V1除く)モデルは、本体の傾きを感知し、自動で台形補正を行います。

  • 補正可能範囲はモデルによって異なります。
  • 天吊りモード有効時には自動縦台形補正は動作しません。
  • 補正後、画面サイズが小さくなることがあります。
縦台形補正

縦横台形補正

本体を上下左右に振ることで発生する台形の歪みを、上下左右5°の範囲で調整できます。

縦横台形補正

デジタルスクリーンシフト

投映画面を比率を変えずに電気的に縮小し、投映位置を上下左右に移動することができます。プロジェクターを移動せず、投映サイズや投映位置を調整したいときに便利です。


テストパターン

スクリーンにテストパターンを表示。投映有効範囲、スクリーンの中心位置、垂直・水平の傾きがわかり、投映画面の微調整に役立ちます。


本体キーロック

電源ON/OFFを除く本体のキー操作を無効にし、いたずらや誤操作を防止。キーロック中でも、リモコン操作や遠隔操作を行うことができます。


盗難防止バー

市販の盗難防止用チェーンやワイヤーを取り付けることができます。


盗難防止ロック[全機種対応]

Kensington®規格対応の盗難防止用ロック穴を装備。万一の盗難を未然に防ぐことができます。


パワーオンパスワード[全機種対応]

電源ON時、リモコンキーでパスワードを入力。不正利用の防止に役立ちます。