スキャナ一体型 <DT-X8-10J / DT-X8-20J> レーザー / 2次元コード対応モデル

DT-X8-10J / DT-X8-20J レーザー / 2次元コード対応モデル

  • 生産終了

様々な2次元コード/バーコードの読み取りに対応したC-MOS イメージャ搭載モデル。

軍手着用時の使いやすさを追求したキー構造。
エラストマー樹脂を採用し、3.0mの落下強度を実現した強化ボディ。
そして、長時間運用を叶えるスタミナ設計。
ハードな現場に求められるタフネス性能を身につけたDT-X8。

特長

TOUGH BODY

落下強度3.0mをはじめ優れた耐環境性能

メザニンラックの2階など、より高所からの落下を想定し、3.0mの落下強度を実現。 ボディ全体はもちろん、液晶周辺、電池蓋などに、衝撃吸収性に優れたエラストマー 樹脂を採用し、倉庫をはじめとした物流現場でのハードユースにお応えします。また、IP67※ に準拠し、さらには氷点下(-20℃)における動作にも対応。雨天時の屋外作業や 埃の多い倉庫での作業をはじめ、さまざまな使用環境で快適に動作します。

  • 粉塵が内部に侵入しない。また、一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない、コネクタなどのカバーはすべて閉めた状態。防滴、防塵性能は当社試験方法によるものです。経年変化や落下衝撃が加わった後には、その性能が低下し、保証しかねます。
防水試験
防水試験
防塵試験
防塵試験
落下試験
落下試験

長時間使用を叶えるスタミナ設計

独自の省電力設計により、ブラウザ接続や無線LAN常時接続環境での長時間運用を実現。新開発の大容量の充電池パックを使用し、無線スタンバイ※1 、クイックレジューム※2などの効果的なパワーマネジメントを駆使することで、最長約25時間※3というパワフルな電池寿命を実現します。

  • ※1 無線LAN接続の維持に必要な部分のみ駆動させ、表示などのデバイスは停止にする、無線LAN待機時における省電力状態です。
  • ※2 無線LANネットワークからの呼び出しにより、省電力状態から復帰(機器全体が駆動)します。また、接続を維持した状態から起動するため、すぐに無線LANの利用が可能です。
  • ※3 DT-X810J/11J
    待機:スキャン:演算:無線が20:1:1:1の場合(バックライトOFF、新品充電池パック(XL)、常温、CPUスピード設定が自動、パワーセーブモード)

EASY OPERATION

操作性に優れたキー設計

軍手着用時でも押しやすいキー設計を採用。キー サイズを大型化するとともに、キーピッチを広く、キーストロークを大きくすることでクリック感を向上し、押し間違いを軽減します。また、トリガー、カーソル、 エンターなど、使用頻度の高いキーを押しやすい 位置に配置した、分割マルチファンクションキーを 採用。軽快なワンハンドオペレーションを実現します。

操作性に優れたキー設計

屋外でも見やすい液晶画面

直感的な操作ができるタッチパネル方式を採用 した2.7型カラー透過型TFT液晶を搭載。屋内 だけでなく太陽光下でも優れた視認性を実現。


SMART SCANNING

高性能レーザースキャナ※1

両サイドおよびセンターに配置した3つのトリガーキーで、片手でのスキャニ ングをスムーズに。また、振角制御機能やレーザーフォーカス機能、バイブ レータ機能などの機能を装備し、より正確でスピーディな読み取りを実現します。

振角制御機能

レーザー照射幅を制御し、隣り合ったバーコードの誤読を防止します。

振角制御機能
バイブレータ機能

バーコード読み取り時、LED点灯とともに振動で通知します。

レーザーフォーカス機能※2

複数のバーコードを同時にスキャンした際、読み取ったバーコードが残像でわかります。

  • ※1 DT-X8-10J
  • ※2 特許取得済 特許第3514145号
レーザーフォーカス機能

2次元コード対応C-MOSイメージャ

最新の標準コードであるGS1 DataBarをはじめ、様々な2次元コード/バーコードの読み取りに対応したC-MOS イメージャ搭載モデルをラインアップ。チューニング・ 高性能CPU&メモリにより、高速読み取りを実現 します。また、コードが密集している際でも、読みたいものだけスキャンできるデコードウインドウ機能も搭載。快適な 読み取り業務を支援します。

  • DT-X8-20J
2次元コード対応C-MOSイメージャ

WIRELESS NETWORK

IEEE802.11b/g対応無線LAN

IEEE802.11b/g規格準拠の無線LANモジュールを内蔵。WPA2にも対応し、強固なセキュリティを維持したワイヤレス通信を実現します。また、802.1x(PEAP、EAP-TLSなど)による認証技術や、無線LAN上で音声通話を実現する別売のVoIP パッケージにも対応。快適なリアルタイム運用を実現します。

Bluetooth® 2.0標準装備

モバイルプリンタや携帯電話との連携を可能にするBluetooth® Ver.2.0 (Class2)を標準装備。さらにEDR機能を搭載し、高速通信が可能になりました。

  • 通信先もEDR機能が必要です。
Bluetooth

無線スタンバイ&クイックレジューム

低消費電力で無線接続を維持しながら待機し、使用時には瞬時に無線LANが使用できる無線スタンバイ、無線電源OFF状態から数秒で通信可能状態へ復帰するクイックレジュームなど、快適な無線LAN運用をサポートする機能を搭載。


SOFTWARE

端末レスキューツールによる安心のバックアップ機能

DT−X8で画面故障やキー故障などの障害時に、登録した途中のデータも含めmicroSDを使用し、代替機を故障前の端末状態に復元させる「端末レスキューツール」を用意しました。万一の 障害時でもスムースに業務の引き継ぎが可能です。

  • 救出できるデータは、データの保持状態に依存する為、全てとは限りません。
端末レスキューツールによる安心のバックアップ機能

詳細情報

この製品に関するお問い合わせ


関連リンク