FFP-PRG-80C


オープン価格

幅1814mm×高さ1900mm×奥行875mm、質量85.0kg
投映可能範囲 1772mm×997mm (80V 相当)

“プロジェクター”で“サイネージ”Prography—プログラフィ—

FFP-PRG-80C

夜間にプロジェクターで投映する大迫力 80V の映像は多くの人々の目に留まることでしょう。

写真:例1

「Prography(プログラフィ)」は、短焦点プロジェクターを用いて80Vの大画面サイネージを実現するスタンドです。ショーウィンドウを備えた店舗において、夜間に外へ向けて映像を流すことにより、注目度の高い広告の運用が可能です。

写真:例2

鮮やかな映像を映し出すアクリルスクリーン

写真:鮮やかな映像を映し出すアクリルスクリーン

プロジェクターの光を投映できる特殊なアクリル板をスクリーンに使用しています。一般的なスクリーンに比べ、高いコントラストで鮮やかな映像を投映することができます。また、投映面が平滑なので映像の歪みも抑えられます。

日中は店内でも活躍

写真:日中は店内でも活躍

可搬式なので、日中は店内に向けて映像を投映するといった使い方も可能です。

  • スタンド周辺の環境を暗くする必要があります。

店舗以外でも様々な場所で使用可能

写真:店舗以外でも様々な場所で使用可能

たとえば、展示会場で自社製品をアピールする映像を流したり、結婚式などのイベントで演出用に使用したりと、活躍できる場所は幅広く存在します。


自立したスタンド式だから、設置・移動も簡単に行えます。

画像:自立スタンド説明図:1、組立のしやすさも配慮:2、操作性を考えた取手:3、短焦点プロジェクター:4、プロジェクターを固定:5、PC収納スペース

No.1 組立のしやすさも配慮

収納時の組立のしやすさを考えて、スクリーン接続部ははめ込み式としました。少人数で安全かつ簡単に組立を行うことができます。

No.2 操作性を考えた取手

店舗内で移動させて使用することを想定して、持ちやすい位置に取手を設けています。

No.3 短焦点プロジェクター

至近距離に大画面の映像を投映できる短焦点プロジェクターを使用します。

  • 対応機種:XJ-UT310WN

No.4 プロジェクターを固定

付属の「プロジェクター固定金具」で、設置後のプロジェクターの位置ズレを防止します。

No.5 PC収納スペース

PCやSTB、OAタップなどの配線類をスタンド内部に収納できます。

有効内寸:幅358mm×高さ300mm×奥行715mm