ハンディターミナル:ソリューション紹介

株式会社日立システムズ

倉庫業務支援システム「MW_MobileKit」

基幹システム『Ross ERP』とデータ連携により、食品・化学業界の倉庫内の荷動きを徹底管理します。

特徴

『MW_MobileKit』は一般的な倉庫管理システム(WMS)と違い、基幹システム『Ross ERP』とのシームレス連携(※1)が標準装備であり、倉庫内の受払だけでなく、製造受払処理まで一元管理するシステムです。標準機能は、原料入荷、製造受払、製品出荷及び棚卸までの一連業務に対応します。
ハンディターミナルはカシオ製DT-5300を使用しており、日立システムズによってVB.netによるユーザーインターフェースを実装している為、カスタマイズ対応も容易です。
特長としては、入庫、出庫予定表を『Ross ERP』からバーコード付きで出力し、現品に貼り付けるバーコードラベル(※2)を合わせて出力し、予定と実績の突合せることで受払実績を確実に計上できます。また、棚卸画面例(※3)にあるようにバーコードを読み込んで棚卸数を入力するなど、ラベル読み、キー入力の両方で操作できます。
『MW_MobileKit』はロット管理が必要な化学、食品製造業様において、これまで実現が難しかった原料から製品までのロットトレースなどを実現できます。

倉庫業務支援システム「MW_MobileKit」
拡大する
倉庫業務支援システム「MW_MobileKit」
倉庫業務支援システム「MW_MobileKit」
(※2)ラベルサンプル図
(※3)棚卸サンプル図