サービスパック登録

サービスパック規約について

サービスパック規約 (PDF/138KB)

プリンターサービスパック規約

第1条(保守サービスの提供)
カシオテクノ株式会社(以下弊社という)はお客様に対し本規約の定めに基づき、「サービスパック登録書」(以下登録書という)記載の契約機器およびそのオプション(以下契約機器という)に対する保守サービス(以下保守サービスという)を提供致します。

第2条(契約の成立)
1.お客様は次のいずれかに該当するときのみ、保守サービスの申込ができるものとします。

(1)保守サービスが定期交換部品込み型の場合、お客様が本サービスパックを契約機器の購入と同時に購入したとき。
(2)保守サービスが定期交換部品別途型の場合、お客様が本サービスパックを契約機器の無償保証期間内に購入したとき。

2.本契約は、前項各号のいずれかに該当することを前提条件として、お客様が弊社所定の方法にて、お客様登録の申込内容を記入し、弊社に送信したときに成立するものとします。

第3条(有効期間)
本契約の有効期間は、所定の保守サービス確認シール(以下確認シール)記載のとおりとします。ただし、本契約の有効期間中であっても、契約機器に定められている耐久基準に到達したとき又は契約機器のご購入日から5年が経過したときは、弊社による何ら手続きを要することなく本契約は自動的に終了するものとします。

第4条(確認シール)
お客様は、確認シールを契約機器に貼付するものとします。お客様が当該確認シールを契約機器に貼付しない場合、保守サービスを受けられないことをお客様は予め承諾するものとします。

第5条(保守サービス範囲)
本契約により弊社が提供する保守サービスの内容は、次の各号に定める通りとします。

(1)契約機器に故障が発生した場合、お客様が弊社指定の連絡先に通知することにより、弊社はお客様と別途合意する日時に弊社指定の技術員を派遣し、部品交換等により修復する作業を行います。
(2) 【定期交換部品込み型のお客様のみ適用】次条第4号の定めにかかわらず、弊社はお客様に対し定期交換部品の供給及び交換作業を行います。弊社はお客様より通知を受けた後、お客様と別途合意する日時に弊社指定の技術員を派遣し、定期交換部品の供給及び交換作業を行います。尚、本契約における定期交換部品とは、契約機器毎に指定された定期交換部品及び定期交換推奨部品をいいます。

第6条(適用除外)
次の各号に定める業務は、保守サービスの対象外とします。但し、お客様が当該業務の実施を弊社に要請し弊社がこれを承諾する場合は、お客様は別途弊社と合意する条件に基づき有償で対応します。

(1)第10条第1項の通知に基づく契約機器の移動もしくは撤去に関する作業又は当該作業の立会い。
(2)お客様の要求による契約機器の改造、改変作業。
(3)電池等の消耗品、付属品、契約機器清掃用品の供給、交換作業。
(4)定期交換部品の供給、交換作業。
(5)天災地変、第三者による滅失毀損、その他の不可抗力により発生した故障の修理。
(6)所定の指定品以外の消耗品(再生品含む)又は記憶媒体の使用により発生した故障の修理。
(7)消耗品又は記憶媒体の保管不備により発生した故障の修理。
(8)契約機器の使用、保管その他カシオ計算機の定める取扱いに関する諸条件(取扱説明書、カタログ、仕様書等に記載された条件を含むがこの限りでない)に反したことにより発生した故障の修理。
(9)契約機器外部の電気作業、回線接続作業又は当該作業のための立会い。
(10)契約機器以外の製品(ハードウェア、ソフトウェアを問わない)の故障修理を含む一切の業務又は当該製品により発生した契約機器の故障の修理。
(11)契約機器のオーバーホール又はこれに準ずる作業。
(12)契約機器の故障によるファイル、データ、アプリケーションソフトウェア等の修復、再入力。

第7条(保守時間帯)
保守サービスを弊社が実施する時間は、日曜日、祝日、および弊社所定の休日を除く平日(月曜日~土曜日) 9:00~17:30とします。

第8条(対価等の取扱)
1.お客様が支払った保守サービスにかかる対価は、弊社の責に帰すべき事由より本契約が解除された場合を除き、返還されないものとします。なお、弊社の責に帰すべき事由により本契約が解除された場合、弊社は、保守サービスの対価(お客様が実際に支払った対価又はメーカー希望小売価格のいずれか低い価格とします)のうち未経過分について、お客様に返還するものとします。
2.契約機器の設置場所が離島・山間部であり、保守サービスのため当該設置場所に技術員を派遣する場合、お客様は別途弊社の交通費を負担するものとします。

第9条(再委託)
弊社は、保守サービスの履行を第三者に再委託することができるものとします。尚、この場合弊社は、本契約における弊社の義務と同等の義務を、弊社の責任にて当該第三者に課すものとします。

第10条(契約機器の移動)
1.お客様が契約機器の移動を行う場合には、事前に弊社の指定する方法で弊社に通知するものとします。
2.前項の通知なく、契約機器の移動が行われたことにより、当該契約機器の稼動又は機能に支障をきたした場合は、お客様は別途その修復に要する費用を負担するものとします。

第11条(交換部品の所有権)
保守サービスに伴って交換された旧部品の所有権は、弊社に帰属するものとします。

第12条(協力義務)
1.お客様は、弊社が保守サービスを実施するにあたり必要かつ適切な環境を確保し、提供するものとします。
2.お客様は、弊社が保守サービスの実施に要する消耗品の提供、光熱費並びに通信費等の費用を負担するものとします。

第13条(免責等)
1.弊社は、保守サービス実施においていかなる場合でも、契約機器に蓄積、搭載されたファイル、データ、アプリケーションソフトウェア等の保存に関し、保証しないものとします。
2.保守サービスに関し弊社がお客様に対し損害賠償する場合、お客様に生じた現実かつ通常の損害に限り賠償する責を負うものとする。但し、損害賠償額の総額は請求原因の如何を問わず、保守サービスにかかる1年間分の対価相当額を限度とします。
3.天災地変その他の不可抗力等弊社の責に帰することができない事由による弊社の履行遅滞もしくは履行不能について、弊社は責任を免れるものとします。

第14条(権利義務譲渡の禁止)
お客様及び弊社は、事前に書面による相手方の承諾を得なければ、本契約で生じた自己の権利義務(債権及び債務を含む)を、第三者に譲渡又は承継させ、担保に供することはできないものとします。

第15条(秘密保持)
1.お客様及び弊社は、保守サービスの履行に関連して知り得た相手方の業務上の情報のうち、秘密である旨の特定を受けた情報(以下「秘密情報」という)を秘密に保持し、第三者に対して開示してはならず、また保守サービス以外の目的のために使用してはならないものとします。但し、次の各号のいずれかに該当するものについては、秘密保持義務を負わないものとします。

(1)相手方から提供された時点で既に公知であったもの。
(2)相手方から提供された後自らの責によらず公知になったもの。
(3)相手方から提供された時点で既に自ら保有していたもの。
(4)正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく取得したもの。
(5)秘密情報を参考にせず独自に開発したもの。

2.前項に関わらず、弊社が第9条に基づき保守サービスを第三者に委託する場合、弊社は、お客様の秘密情報を当該第三者に開示できるものとします。

第16条(契約解除)
お客様及び弊社は、相手方が本契約のいずれかの条項に違反して相当期間を定めて催告したにもかかわらず、当該期間経過後も当該違反が是正されないとき、その他本契約に基づく義務の履行が困難になると判断されるときは、催告その他なんらの手続きを要することなしに直ちに本契約を解除することができるものとします。

第17条(反社会的勢力排除)
1.お客様及び弊社は相手方に対し、本契約締結以前及び本契約期間中において自己及び自己が実質的に経営を支配している会社が次の各号に該当し、かつ各号を遵守することを表明し、保証し、誓約します。

(1)反社会的勢力(「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に定義する暴力団及びその関係団体又はその構成員。総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロなど暴力、威力、脅迫的言辞や詐欺的手法を用いて不当な要求を行い、経済的利益を追求する団体もしくはその構成員又は個人。以下「反社会的勢力」という)でないこと。
(2)主要な出資者、役職員又は実質的に経営に関与する者が反社会的勢力でないこと。
(3)反社会的勢力を利用しないこと。
(4)反社会的勢力に財産的利益又は便宜を供与しないこと。
(5)反社会的勢力と親密な交際や密接な関係がないこと。

2.お客様及び弊社は、前項について自己の違反を発見した場合、直ちに相手方にその事実を報告するものとします。
3.お客様及び弊社は、相手方が第1項に違反した場合、催告その他なんらの手続も要することなく、直ちに本契約を解除することができるものとします。

第18条(裁判管轄)
本契約に関する争訟の第一審の専属的合意管轄裁判所は東京地方裁判所とします。

第19条(存続条項)
本契約の終了後といえども、第15条は3年間、第13条、第14条、前条及び本条は、その後も引続き有効に存続するものとします。

第20条(協議)
保守サービスの解釈に疑義のある事項又は保守サービスに定めていない事項については、お客様と弊社協議のうえ解決するものとします。

以上

上記「サービスパック規約について」に