スキャナ一体型 <DT-970>

DT-970

目指したのは、現場に対応する、真の使いやすさ。

様々な人、幅広い場所での使用に応える本体設計、環境性能など、ディテールに至るまで使いやすさを徹底追求し、業務用ツールに求められる信頼性を、より高い完成度で具現化。
TOUCH THE FUTURE ― 現場の「したい」を「できる」に変えるハンディターミナル、DT-970登場。

特長

ユーザー視点に立った本体設計

男性、女性、右利き、左利きなど、あらゆる人が使いこなせるツールを目指して、人間中心設計プロセスに基づいた設計手法を採用。ユーザーの動作解析や使用感などを製品開発にフィードバックすることで、現場が求める使いやすさを形にしました。

「持つ」という動作に最適化した形状

手に持ったときに最も安定感が得られる位置に重心を設計。さらに、背面の凹みに指を自然に固定できる形状を採用し、手にしっくりとなじむホールド感を実現。「手に取る」「持ち上げる」「握る」など、一連の動作を無理なく自然に行えるグリップ性と安定性を追求。持ちやすさを実感できるデザインに仕上げました。

指を自然に固定しやすい背面形状で、安定したホールドを実現。順手・逆手、右手・左手など、様々な持ち方に対応。
指を自然に固定しやすい背面形状で、安定したホールドを実現。順手・逆手、右手・左手など、様々な持ち方に対応。

「操る」という動作を支援する工夫

レーザーの照射方向が直感的にわかる先端形状や、様々な持ち方に対応する3つのスキャナトリガーキーを採用し、スムーズなスキャニングを実現。確実な読み取り業務をサポートします。また、本体表面にラウンド形状を施すことで、キーの操作性を向上。軽快なワンハンドオペレーションを実現します。

「操る」という動作を支援する工夫

使用シーンを広げる環境性能

流通、製造、物流、運輸、フィールド業務など、様々な現場での使用を想定し、落下強度2.0mの耐衝撃性を実現。ラフに取り扱いがちな状況でも安心して使用できます。また、IP67準拠し、さらには氷点下(- 20℃)における動作にも対応。雨天時の屋外作業や埃の多い倉庫での作業をはじめ、ハードな使用環境で快適に動作します。

  • 粉塵が内部に侵入しない。また、一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない、コネクタなどのカバーはすべて閉めた状態。防水、防塵性能は当社試験方法によるものです。経年変化や落下衝撃が加わった後には、その性能が低下し、保証しかねます。
落下試験/防水試験/防塵試験

操作性を高める識別性・視認性

バックライト搭載キーボード

キーバックライトを搭載し、倉庫などの暗い場所でも、確実な操作が可能。また、本体と操作キーに見分けやすい配色を採用し、使いやすさを追求しています。

バックライト搭載キーボード

見やすい2.3インチ大画面液晶

128×128ドットのバックライト付き2.3インチ液晶を搭載。拡大表示(倍角)や行間挿入モードなどの表示機能を装備し、情報判読性の高いディスプレイ表示を実現します。また、エラー時には、赤色バックライトを点灯させることができ、読み取りミスの防止に貢献します。

見やすい2.3インチ大画面液晶

多彩な現場ニーズに応える運用性能

長時間使用を叶えるスタミナ設計

省電力設計と効果的なパワーマネジメントにより、単3形アルカリ乾電池2本で、最長約200時間※1.の連続駆動を実現。また、当社指定の単3形ニッケル水素充電池※2にも対応。繰り返し使えるので経済的です。

  • ※1常温で10秒間に2回スキャンした場合。
  • ※2充電池の充電は専用の充電器をお使いください。充電池および充電器は商品に同梱しておりません。
長時間使用を叶えるスタミナ設計

用途で選べるラインアップ

検品や棚卸しに役立つストレートモデル、オーダーブックの読み取りなどに適した下向きモデルをラインアップ。用途に合わせてお選びいただけます。

ストレートモデル/下向きモデル

幅広い業務を支える高機能

振角制御機能

レーザー照射幅を制御し、隣り合ったバーコードの誤読を防止。より正確でスピーディな読み取りを実現します。

振角制御機能

業務効率を高める高速ファイル転送システム

独自の転送方式により、高速ファイル転送を実現。データ送受信の待ち時間を短縮します。

保守運用に便利な本体間コピー

無線通信(Bluetooth®/IrDA)を利用した端末のクローニングに対応。導入時や横展開時の子機作成、保守運用時における修理機の復旧、代替機作成など、幅広いシーンで効果を発揮します。

保守運用に便利な本体間コピー

運用の幅を広げるタブレット連携

Bluetooth® HIDプロファイルの搭載により、タブレット端末との無線接続が可能。ハンディターミナルでバーコードを読み取り、タブレットのアプリケーションと連携。接客業務や工程管理など、様々な業務に活用することができます。また、タブレット端末とUSB接続し、USBスキャナとして活用することもできます。

運用の幅を広げるタブレット連携

対応ソリューションはこちら

ハンディターミナル採用パートナー/ソリューションパッケージご紹介

詳細情報

この製品に関するお問い合わせ


関連リンク